【脱スーツに続き】伊藤忠商事、今度は「スニーカー・デー」で柔軟な発想を促す