「あ、このソシャゲもう末期だわ」と察する瞬間